目のクマやまぶたのむくみを解消する方法

 朝起きた時の代表的なお肌のトラブルが、目のクマやまぶたのむくみだと思います。ここでは、それの解消法について説明していこうと思います。

 血行の不良による、目のクマやむくみを改善するための、目に効果のあるツボをお教えします。マッサージは、一回だけでは効果がなかなか出にくいものですので、できれば毎日、朝、晩などに続けて行うようにしましょう。

 目のクマ対策には、承泣(しょうきゅう)のツボを押しましょう。瞳の真下にある骨とぶつかる場所にあります。まず、人差し指の上に中指を重ね、承泣のツボをゆっくりと押します。次に、目頭から目尻に向かう方向へ、下まぶたを左右回ずつ、やさしくさすりましょう。

 まぶたがむくんでいるときの対策としては、眉毛の終わりの横にある、糸竹空(しちくくう)というツボを押す方法があります。まず、人差し指の上に中指を重ねて、ゆっくりと両方の糸竹空のツボを押します。まゆ毛の上を、目頭から目尻に向かい、左右5回ずつやさしくさすりましょう。

 親指をこめかみに当てたまま、げんこつをつくって、人差し指の第二関節で、下まぶたや、まゆ毛をさすりましょう。